ADSLなら低料金でインターネットが利用できます。

ADSLには光回線に比べて低料金でインターネットを利用できるというメリットがあります。月々の利用料はADSLが2,000~5,000円程度、光回線は3,000~7,000円程度です。

光回線はプロバイダの利用料を合わせると、月に5,000円以上かかります。また、光回線は基本的にケーブルの引き込み工事が必要ですが、ADSLは電話回線を利用するため大きな工事は必要なく、その分、初期費用も安くなります。申し込みから開通までの期間も2週間程度と短いのも魅力です。

基地局から2km以内なら、ADSLでも速度、安定性ともそれほど不満なく使用できるはずです。ネットゲームをしない人やオンラインでの動画や音楽の視聴を頻繁にしない人にはADSLで十分かもしれません。また、光回線の工事ができないケースもありますし、ADSLは決して悪い選択ではないでしょう。

ただ、NTT東日本・西日本はADSLの新規申し込み受け付けを2016年6月で終了すると発表していることです。その背景には新規で利用する人の数が激減していることがあるようです。これは新規の申し込みができないだけで、ADSLのサービスが停止されるということではありません。なので、これからは光回線がますます主流になっていくことは確実でしょう。

もしも光回線とADSLで迷っているのなら、こうした現状と将来性についても考慮したほうがよいかもしれません。光回線はどれが良い?という疑問があるかもしれませんが、価格.comなどで一番評判が良いのが、NURO光です。NURO光は、コミコミ価格で使えて、速度がなんと世界最速なんです。関東、関西、東海エリアにお住まいでしたら、利用できます。