Wi-Fiとは何?

Wi-Fiとは?

Wi-Fi(ワイファイ)とは、無線LANに関する登録商標である。Wi-Fi Alliance(アメリカ合衆国に本拠を置く業界団体)によって、国際標準規格であるIEEE 802.11規格を使用したデバイス間の相互接続が認められたことを示す名称。

引用:Wikipedia

パソコンやテレビ、スマホ、タブレット、ゲーム機などのネットワーク接続に対応した機器を、無線(ワイヤレス)でLAN(Local Area Network)に接続する技術のことです。自宅や職場などでWi-Fiを利用するには、Wi-Fiルーターが必要となります。Wi-Fiルーターとは、Wi-Fi機器と電波の送受信を行いLANとの仲介を行うための機器で、無線LAN親機とも呼ばれています。

Wi-Fi(無線LAN)を利用すれば、スマホやタブレットに保存した写真をプリンターで印刷したり、リビングのレコーダーで録画した番組やパソコンに保存した音楽を別の部屋で視聴したり、さまざまなWi-Fi対応家電と連携してスイッチのON/OFFや運転状況などを確認できるようになります。

引用:http://buffalo.jp/product/wireless-lan/wi-fi/about/

Wi-Fiというと、無線LANとイコールで語られることが思いがちですが、厳密には少し違います。

無線LAN(Wi-Fiではないもの)が初めて登場した頃は規格が定まっておらず、製品によって接続できない場合があるなど不便な状態でした。それを解決するために無線LANの規格を定めたものが、IEEE 802.11規格です。そしてWi-Fiというのは、このIEEE 802.11規格に準拠しており、相互接続が可能になっていると認められた製品に付けられるロゴのことです。

しかし、販売されている無線LANの機器のほとんどにこのロゴは付いており、無線LANの規格や、無線LANそのものとして使われるケースの方が多いです。

Wi-Fiの仕組み

Wi-Fiルーターと、スマートフォンやPC、ゲーム機などWi-Fi対応端末があれば、それぞれの機器を相互接続し、インターネットに接続できます。

Wi-Fiルーター(親機)からは電波が飛び、その電波を子機が受け取ることで使用可能となっています。その電波は数十メートルは届くと言われ、自宅内やカフェの店内などの範囲内では、そのWi-Fiの機能が使えるということになります。

なお、Wi-Fiルーターがあるだけでインターネット接続できるわけではなく、まずはプロバイダーや回線事業者との契約が必要です。

ADSLなら低料金でインターネットが利用できます。

ADSLには光回線に比べて低料金でインターネットを利用できるというメリットがあります。月々の利用料はADSLが2,000~5,000円程度、光回線は3,000~7,000円程度です。

光回線はプロバイダの利用料を合わせると、月に5,000円以上かかります。また、光回線は基本的にケーブルの引き込み工事が必要ですが、ADSLは電話回線を利用するため大きな工事は必要なく、その分、初期費用も安くなります。申し込みから開通までの期間も2週間程度と短いのも魅力です。

基地局から2km以内なら、ADSLでも速度、安定性ともそれほど不満なく使用できるはずです。ネットゲームをしない人やオンラインでの動画や音楽の視聴を頻繁にしない人にはADSLで十分かもしれません。また、光回線の工事ができないケースもありますし、ADSLは決して悪い選択ではないでしょう。

ただ、NTT東日本・西日本はADSLの新規申し込み受け付けを2016年6月で終了すると発表していることです。その背景には新規で利用する人の数が激減していることがあるようです。これは新規の申し込みができないだけで、ADSLのサービスが停止されるということではありません。なので、これからは光回線がますます主流になっていくことは確実でしょう。

もしも光回線とADSLで迷っているのなら、こうした現状と将来性についても考慮したほうがよいかもしれません。光回線はどれが良い?という疑問があるかもしれませんが、価格.comなどで一番評判が良いのが、NURO光です。NURO光は、コミコミ価格で使えて、速度がなんと世界最速なんです。関東、関西、東海エリアにお住まいでしたら、利用できます。

光回線とADSL回線の違いは何?

光回線とADSL、各回線の違いはどんなところにあるのでしょうか。何具体的にどれほどの差があるのかは知らないという人も少なくないはずです。ここでは光回線とADSLの違いと、それぞれの回線がどんな人に向いているかということについて解説します。

通信の速度や安定性が異なる

光回線とADSLを比べると、最も顕著な違いが速度です。回線の種類にもよりますが、ADSLの最大速度は下り50.5Mbps、上り12.5Mbpsで、光回線は下り上りとも1Gbpsとされています。

※Mbpsとは、1秒間に送ることができるデータの量。1Mbpsだと1秒間に日本語を約6万5千文字送ることができます。「下り」とはインターネットの情報をパソコンに表示させる際の速度をあらわし、「上り」とはメールなど、パソコンからインターネットへ情報を送る際の速度のことを言います。また、1,024 Mbps=1Gbpsとなります・

光回線は光の特性を利用する伝送方式のため電磁波の影響をほとんど受けず、安定性の高い通信状態が持続します。加えて光による伝達は伝送損失が発生しにくく、長距離であってもデータを容易に送れます。

一方、ADSLは基地局からの距離により通信速度が影響を受けやすい回線と言えます。外部からノイズの影響を受けやすく、距離が長くなると特に高周波帯域の伝達が困難になる傾向にあります。基地局からの距離が2.5kmを超えると極端に通信速度が落ちるとも言われ、時折途切れるなどの障害も発生しやすくなります。